みらくるみらいをかけるエクスプレス

スポーツ・エンタメ情報、生活に役立つ情報が満載

商品

スキンケア冬の乾燥対策におすすめの保湿化粧品や肌ケア製品のご紹介!

投稿日:2019-12-24 更新日:

冬本番の寒い日が続きます。

気がつけば手指はガサガサ、かかとコチコチすねは白い粉がふいて・・・なんて方はいませんか?

「お肌の大敵は乾燥。肌が潤えばトラブルも起きにくい」と美容エディターさんはおっしゃいます。

冬もしっとり滑らかな素肌を保つケアのこつと美容エディターさんおすすめの保湿化粧品や肌ケア製品をお聞きしましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

肌の保湿は入浴中と直後の手当が大切

乾燥した空気にさらされているだけで肌の水分は奪われていくそうです。

肌に備わる天然保湿因子まで奪われると、角質層の代謝機能も乱れ、若い頃より水分量の減った大人の体は、さらに乾燥しやすくなるといいます。

保湿のベストタイムは入浴中と出た直後なんです。

また最大の「見直しポイント」は、意外にも体の洗い方だそうです。

強すぎる洗浄力や硬いタオルの摩擦で乾燥は進みますが、肌に優しい洗浄剤を手で泡立て、手のひらを肌に滑らせれば十分だといいます。

 

「ケアセラ 泡の高保湿ボディウォッシュ」は、潤い成分がたっぷり配合されて、押せば泡で出てくるポンプ容器で手のひら洗いにぴったりです。

洗い立ての肌にさあ保湿という時、注目はオイルをブースターとして最初に使い、クリームを重ねて保湿力を長持ちさせるダブルケアです。

オイルは湿った状態の肌に塗ること、水分と一緒に伸ばせばべたつかず、使う量も少しで済みます。

 

「クナイプビオ オイル」は、100%天然由来成分の植物オイル。全身に使えて柑橘系の爽やかな香りで癒し効果もあります。

しっかりなじませ、余分な水分があればタオルで押さえ、ボディークリームの油分で「ふた」をします。

 

「キュレル モイステャーバーム」は、新開発の処方で潤いが持続し、消炎剤を配合して肌荒れも防ぎます。

ケアも面倒なほど疲れきっている夜は、保湿効果の高い入浴剤を多めに入れたお湯にゆっくり浸かるだけでも効果があります。

 

「ミノン 薬用保湿入浴剤」は赤ちゃんも入浴できる低刺激処方で優しく肌を潤します。

毎晩やらなきゃ、と頑張りすぎると疲れます。時には手を抜きつつもできるケアを継続し、健やかな肌を保ちましょう。

肌のお手入れは余分な角質を除いてから保湿

すねやひざ、かかとにひじは、体の他の部位に比べ皮脂腺が多いので、どうしても乾燥しやすいものです。

「冬に多いすねの粉ふきやかゆみの悩みもそのせいです」と美容エディターは言います。

日常的な摩擦にさらされるかかとやひじは、古い角質が残って角化が進行しやすいそうです。

なので、まずは余分な角質を取り除くケアで保湿成分を受け入れられる肌に整え、ターンオーバーの乱れを防いでください。

おすすめはボディースクラブ。週に1〜2度、足や腕など気になる箇所に使います。

肌のざらつきやごわつきがとれ、透明感も出て次に使うオイルやクリームが浸透しやすくなります。

その際、力を入れ過ぎないこと。

 

ロクシタン「シア リッチボディスクラブ」は、必要な脂肪分やビタミン類を豊富に含むシアバターで肌を守りつつ、クルミの殻によるスクラブ成分で余分な角質を取り除きます。

ストッキングや靴下を破いてしまうほど分厚く角化した皮膚がひび割れて、こちこちになってしまった頑固なかかとには、スペシャルケアを施します。

KOBAKO ヒールファイル(貝印)硬い角質ケアの最初ステップに。1900円(税抜き)

KOBAKO「ヒールファイル」は「粗目(あらめ)」と「細目」の2種類を備えたかかと削り。握りやすい形状で丸いかかとの角質も効果的に削り取ります。

削った後は必ず保湿をしてください。かかとには他の部位のお肌用よりもリッチな保湿成分でたっぷり保湿します。

 

ロコベースリペア「かかとケアバーム」は、かかとの皮膚構造に合わせて皮脂膜類似成分を配合しているので、ぴたっと密着します。

硬い質感で薄型の容器からかかとに直塗りする裏技もあるそうです。

かかとのケアに見逃せないのがおやすみタイムです。

夜は体の新陳代謝も活発で、温かい布団の中で歩行による刺激からも解放されたかかとを修復するには絶好のチャンスです。

おやすみ保湿かかとカバー(ファンケル)伸縮素材で脱げにくい。数量限定発売。1880円(税込み)

ファンケル「おやすみ保湿かかとカバー」は、肌側の裏地にシルクプロテイン加工を施し、体から出る水分をラップ効果で逃さず保湿します。

見落としがちなのが子どもの肌の保湿です。潤って見えても実は代謝機能が未熟なため乾燥しやすいので一緒にケアしてあげましょう。

スポンサーリンク

ケアで差がつく・・・見られる手

最も自分の目に入る体の部位は手ではないでしょうか。

「休むことなく動く手は、他人からもよく見られています。継続したケアの有無で差の付きやすい部位でもあります。」と美容エディターは指摘します。

インフルエンザが流行し、手洗い強化が叫ばれていますが、濡れた手が乾く時、肌本来の保湿成分も奪われています。

アルカリ度の高い洗剤を使う水仕事でも手肌の乾燥は進みます。水や洗剤など、外敵から守る対策を取り入れてほしいのです。

 

ニベア花王の「アトリックス ハンドミルク」は濡れた手に塗ってなじませます。

水で洗い流すとカミツレ花エキスなど保湿成分が肌に残って、潤いのベールで包み込みます。

紫外線もお肌には大敵です。

日焼けは夏のイメージですが、シミやシワの原因になるUVA波は、冬の弱い日差しでも想像以上に強く、顔や体に比べて忘れがちな手こそ、通年の紫外線対策で差が出ます。

 

クラランス「ハンド/ネイル トリートメント クリーム」は、天然のUVフィルターで紫外線によるシミを防ぎます。

細胞を傷つけるフリーラジカルの発生も防止し、爪も守ります。

昼間よりリッチなクリームを塗り込み、手袋をして寝れば、日中酷使された手も潤いを取り戻します。

 

コーセーコスメポートの「コエンリッチ ナイトリニュー ハンドクリーム」は、マイクロカプセル型のコエンザイムQ10を配合した夜用クリーム、3種の美容オイルでハンドパック効果も高めます。

それから爪のケアも忘れずにしましょう。
 
硬くなった爪周りの角質は風呂でふやかしてからボディー用スクラブを使えば効果的です。

二枚爪などの悩みには、爪を強くする美容液もあります。

 

佐藤製薬「ネイル リペアセラム」は、水に落ちにくい美容液で、マニキュアのような刷毛(はけ)で爪や爪の根元に塗ることで潤いを与え健やかに保ちます。

顔は化粧でカバーできても、むき出しの手には年齢が出がちなので、手入れの行き届いた美しい手で若々しい印象を保ちましょう。

まとめ

それでは今回のまとめです。

乾燥する冬はお肌にとって脅威の季節です。

冬でもしっとり潤いのお肌を保ための対策やおすすめの保湿化粧品、肌ケア製品をご紹介してきました。

是非、これらの対策や製品を活用して、お肌に厳しい冬の季節を乗り越えてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-商品

執筆者:


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

プロフィール

管理人のキャサノンと申します。
長年勤めた役所を退職した元地方公務員。
現在は、現役の時にお世話になった役所の退職者を会員とする一般社団法人に勤務しています。
会員の皆さんはもちろんのこと、シニアの方々を始め、広くいろいろな読者の皆さんへ情報発信していきます。
よろしくお願いします。

error: Content is protected !!