みらくるみらいをかけるエクスプレス

スポーツ・エンタメ情報、生活に役立つ情報が満載

イベント

元旦の晴れ出現率ランキング過去15年分の気象データを分析!主要都市の晴天確率は?

投稿日:

いよいよ年の瀬が迫り、令和最初のお正月が近づいてきました。

お正月には元日に初日の出を参拝してその年を祈願する方も多いことでしょう。

今度の初日の出は、令和最初の初日の出となることから、思い出に残る記念すべきご来光にしたいものです。

ただ、初日の出を拝めるかどうかは、その時のお天気次第です。

そこで、過去15年分の気象データに基づいて分析した元旦の晴れ出現率のランキングと元日の県庁所在都市の晴天確率(ウェザーニュース発表)についてご報告します。

スポンサーリンク

ウェザーニュースが元旦の晴れ出現率ランキングを発表

ウェザーニュースでは過去15年間(2005年〜2019年)の元旦の天気を47県庁所在都市について調査し、晴れの出現率を算出して発表しました。

それによる元日の晴れが多い県庁所在都市のランク付けを行いましたので報告するものです。

元旦の晴れ出現率ランキング・県庁所在都市の晴天確率について

各都道府県の県庁所在地での過去15年間の晴れ出現ランキングは次のとおりです。

何んと、1位の静岡と徳島は驚きの100%です。

ちなみに県庁所在都市ではない釧路市は64%で19位にランク付けされます。

順位 県庁所在都市 晴れ出現率(晴天確率)
1位 静岡・徳島 100%
3位 前橋   93%
4位 さいたま・横浜・高松   86%
7位 甲府・神戸・岡山   85%
10位 水戸・千葉・名古屋・高知・宮崎   80%
15位 東京・大阪   78%
17位 宇都宮   71%
18位 京都   66%
19位 仙台・岐阜・奈良・和歌山   60%
23位   57%
24位 福島・長野・広島   53%
27位 大津   46%
28位 松山・大分・熊本   40%
31位 佐賀・鹿児島   35%
33位 鳥取・山口・長崎・那覇   33%
37位 盛岡・山形・松江   26%
40位 富山   21%
41位 金沢・福井   20%
43位 福岡   16%
44位 新潟   13%
45位 札幌・青森・秋田     7%
スポンサーリンク

まとめ

全国県庁所在都市の元旦の晴れ出現率(晴天確率)のランキングを見てきました。

この結果を見て感じることは、太平洋側の都市では晴れの出現率(確率)が高く、日本海側の都市ではその出現率(確率)が低くなっていることです。   
これは、「冬は西高東低型」といわれる冬期における気圧配置に関係しております。大陸から吹く季節風が日本海を通過する時に湿った雲を発達させ、それが日本列島の山脈(背骨)にぶつかり、日本海側に大量の雪や雨を降らせます。

 

日本海側に大量の雪や雨を降らせた風は、その後、乾燥して雲がない風(空っ風)となって太平洋側に吹き降ろします。

これがフェーン現象と呼ばれるもので、太平洋側は雲がなく晴れることが多い日が続くため、元旦の初日の出も高い出現率を誇っているのです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-イベント

執筆者:


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

プロフィール

管理人のキャサノンと申します。
長年勤めた役所を退職した元地方公務員。
現在は、現役の時にお世話になった役所の退職者を会員とする一般社団法人に勤務しています。
会員の皆さんはもちろんのこと、シニアの方々を始め、広くいろいろな読者の皆さんへ情報発信していきます。
よろしくお願いします。

error: Content is protected !!