みらくるみらいをかけるエクスプレス

スポーツ・エンタメ情報、生活に役立つ情報が満載

健康

肩こりが解消する食材とは?その作り方は?食べ方や食べる量は?

投稿日:2018-11-29 更新日:

肩こりの方に朗報です。あるものを2週間、食べ続けると肩こりが改善し、ついには解消するというのです。

そのあるものとは?

平成30年11月26日に放送されたTBS系テレビ・2時間スペシャル番組『こんな私はなにを食べればいいですか?』で提案された肩こりを改善・解消する食材の紹介です。

この番組の優れている点は、提案していることをゲスト出演の芸能人を始め一般視聴者にも実際に体験してもらい、その結果を公表していることです。

番組の信用性として、これに勝るものはありませんね。

スポンサーリンク

肩こりを解消する食材とは?

そもそも肩こりは、姿勢が悪いなどの理由により両肩の僧帽筋に大きな負担がかかると血流が悪化し、僧帽筋が固くなって起こる現象です。

そのため血流を良くすれば肩こりが改善されるのですが、ビタミンEには血流を良くする働きがあり、ビタミンEを豊富に含むアーモンドが肩こりを改善・解消する食材なんです。

血流を良くするビタミンEを豊富に含むアーモンド

更に、これも血行を促進させるプロポリスを含むハチミツと一緒に食べることで、すなわち「アーモンドのハチミツ漬け」のダブルパワーで肩こりが改善・解消されます。

「アーモンドのハチミツ漬け」の作り方は簡単、食べ方も楽ちん

肩こり解消に鬼に金棒・アーモンドのハチミツ漬け

スポンサーリンク

材料(1週間分)

○アーモンド  70粒

○ハチミツ  140グラム

○そのほかビンなどの容器

作り方

ビンなどの容器にアーモンド(70粒)とハチミツ(140グラム)を入れ、直射日光を避けて1日漬け込めば「アーモンドのハチミツ漬け」の出来上がり。簡単です。

漬け込む期間が長ければ長いほどアーモンドにハチミツが染み込んで効果が倍増し、味も美味しくなります。まさに鬼に金棒の肩こり解消の食材です。

食べる量

「アーモンドのハチミツ漬け」のアーモンドを1日10粒、おやつ感覚で2週間、食べ続ければ肩こりが改善し、ついには解消します。

まとめ

それでは今回のまとめです。

肩こり解消に「アーモンドのハチミツ漬け」を2週間おやつ感覚で食べ続ければOKです。

実際、この番組に出演された落語家の立川志らく師匠が実験した結果、筋肉の硬さを計る筋硬度計で測定すると、体験前後で右肩52→47、左肩56→45に低下していました。

また、2名の一般視聴者の結果でも、右肩56→25、49→21、左肩56→24、46→27と、それぞれ数値が低くなっていました。

因みに筋硬度計による測定数値(5回計った平均値)が50を超えると重症の肩こりだそうです。

長年、肩こりで悩んでいる方には、是非試していただきたいと思います。

平成30年11月26日に放送されたTBS系テレビ・2時間スペシャル番組『こんな私はなにを食べればいいですか?』で紹介されたほかの、体や健康上の悩みを解決、解消する食材について掲載していますので、ご覧いただけたら嬉しいです。

 ⇒ 血糖値が低下する食材とは?その調理方法は?

 

 ⇒ 高血圧が改善される食材とは?血圧低下の理由は?調理方法は?

 

 ⇒ 老眼が改善される食材とは?その理由は?食べ続ける量と期間は?

 

 ⇒ スイーツを太りやすさでランキング!一緒に食べる肥満防止の食材は?

スポンサーリンク

-健康

執筆者:


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

プロフィール

管理人のキャサノンこと浅野清美と申します。
長年勤めた役所を退職した元地方公務員。
現在は、現役の時にお世話になった役所の退職者を会員とする一般社団法人に勤務しています。
会員の皆さんはもちろんのこと、シニアの方々を始め、広くいろいろな読者の皆さんへ情報発信していきます。
よろしくお願いします。

error: Content is protected !!