みらくるみらいをかけるエクスプレス

スポーツ・エンタメ情報、生活に役立つ情報が満載

イベント

東京オリンピック延期で海の日山の日スポーツの日など祝日はどうなる?

投稿日:

新型コロナウィルスが世界中で猛威をふるい、現在は欧米を中心に感染者が拡大しています。

そうした状況の中、東京オリンピック開催について、いろいろ言われるようになってきました。

安倍首相も現状のままでは、この夏に開催するのは困難と判断したようで、延期を容認する考えを表明しました。

しかし、開催を延期したなら、それはそれでまた、別の様々な問題というか課題が噴出します。

延期後の日程調整とか、日本に届いた聖火のリレーをどうするか、販売した観戦チケットの取扱、オリンピックのために特別に設けた祝日をどうするかなど厄介
な問題が出てきます。

この記事では、オリンピックの年の特例として設けられた海の日や山の日、そしてスポーツの日について考えて行きます。

スポンサーリンク

オリンピックイヤー2020年の祝日はどうなっている?

まず最初に、今年の祝日がどうなっているのか調べてみました。

特にオリンピック関連で特例の祝日が設けられた7月と8月、そしてこれに関連する10月の祝日を見てみます。

まず、従来から定められている「体育の日」は名称を「スポーツの日」に改められました。

なぜ、名称が改められたのかは、こちらの記事をごらんください。

 

→「体育の日をスポーツの日に改める狙いとは?スポーツ議員連盟が報告!

 

そしてこの「スポーツの日」は、今年に限り、10月の第2月曜日から7月24日(金)に移動します。

10月の第2月曜日(2020年は10月12日)→7月24日に

 

そのため今年の10月には、カレンダーで見て一目瞭然、祝日がありません。

そして7月の第3月曜日の海の日が、今年に限り7月23日の金曜日になります。

7月の第3月曜日(2020年は7月20日)→7月23日に

 

この結果、7月23日(木)から7月26日(日)まで4連休になるのです。

これは、オリンピックの開会式が7月24日(金)に予定されていることから、その前日の23日を含めて4連休にして、国民全体でオリンピックを盛り上げていこうとしたわけです。

更に8月11日の山の日も、今年に限り1日繰り上がって8月10日になります。

8月11日→8月10日に

 

こちらは、オリンピックの閉会式が行われる8月9日(日)の翌日を祝日にして前日の閉会式の日を終日楽しんでもらうようにしたわけです。

スポンサーリンク

オリンピック延期なら特例の祝日はどなるの?

オリンピックを盛り上げるため、考えぬいて決めた特例の祝日ですが、オリンピックが延期になった場合はどうなるのでしょうか?

もともと祝日は、「国民の祝日に関する法律」で定められています。

そのため、この度の「体育の日」の名称変更や特例の祝日を定めることについても、当然法律の制定や改正によって行われています。

具体的には、「体育の日」を「スポーツの日」にする名称変更は、「国民の祝日に関する法律」の改正により、今年限りの特例の祝日を定めることについては、臨時特例の法律の一部改正により行われました。

因みに、臨時特例の法律とは、東京オリンピックの開催運営のために制定された特別措置法のことです。

正式名称は、「平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法」というものすごく長ったらしい名称です。

これらの法律の改正は既に施行済みで、特例の祝日も確定しています。

オリンピックの日程に合わせて定められた祝日の特例だと言うのに、オリンピックが延期されたり、万が一中止になったとしても、特別措置法の改正が行われない限り、そのまま実施されてしまうのです。

法律が独り歩きするというのは、こういうことを言うのでしょうか。

祝日の特例を変更するためには法改正が必要!

こうした法律の一人歩きにストップを掛けるためには、特別措置法を改正する必要があります。

しかし、特別措置法を再改正して祝日の特例をやめるとなると、既に出回っているカレンダーと齟齬が生じ、社会的混乱が生じてしまいます。

こんな法改正は現実的ではありません。

ただ、祝日の特例は、2020年に限ったことなので、2021年以降は、国民の祝日に関する法律に定める原則に戻ります。

そのため、オリンピックが延期された場合はむしろ、延期後の新しい日程に合わせた祝日の特例を設けるかどうか検討する必要があります。

そして設けるときは、逆にそのための法改正が必要ということになります。

まとめ

それでは今回のまとめです。

安倍首相は、新型コロナウィルスの感染拡大の世界的な情勢を考慮して、IOCのバッハ会長に1年程度を軸とした延期を提案し、バッハ会長も100%同意したとのニュースが報じられました。(3月24日午後10時)

バッハ会長は、すぐさま臨時のIOC理事会を開催し、オリンピックの1年程度の延期を決めました。

これから延期後の新しい日程の調整・協議が続くことになりますが、日程が固まり次第、新たな祝日の特例についても検討されることになると思います。

既に定められている2020年の祝日の特例は、オリンピックの延期とは関係なく、そのままにして実施することになると考えます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-イベント

執筆者:


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

プロフィール

管理人のキャサノンと申します。
長年勤めた役所を退職した元地方公務員。
現在は、現役の時にお世話になった役所の退職者を会員とする一般社団法人に勤務しています。
会員の皆さんはもちろんのこと、シニアの方々を始め、広くいろいろな読者の皆さんへ情報発信していきます。
よろしくお願いします。

error: Content is protected !!