スポーツ

国民の祝日「体育の日」を「スポーツの日」に改める狙いとは?

投稿日:2017-09-20 更新日:

8月27日、超党派の国会議員で構成されるスポーツ議員連盟の総会が開催され、国民の祝日の「体育の日」を「スポーツの日」に改める法改正案が報告されました。

早ければ、今秋の臨時国会にも祝日法の改正案が提出される見通しになったと報道されました。

「体育」を「スポーツ」に改める?これは一体どういうこと?

「体育の日」を「スポーツの日」に改める必要があるのでしょうか。

「体育」と「スポーツ」で言葉に何か意味の違いがあるのでしょうか。

体育とスポーツの言葉の違いや改正の狙いとするところを調べてみると、意外にも、これらの言葉の歴史的文化的な違いを知ることになりました。

スポンサーリンク

国民の祝日・体育の日を制定した背景・趣旨について

「体育の日」は、1964年の東京オリンピックの開催を記念して、開会式が行われた10月10日を「国民の祝日」として制定したものです。

その後、余暇を楽しむために連続する休日を実現させる「ハッピーマンデー」による改正により体育の日が「10月10日」から「10月の第2月曜日」に変更されました。

また、体育の日の趣旨は、「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう」ことであり、このとき既に「スポーツ」という言葉が使われています(国民の祝日に関する法律第2条)。

しかし、スポーツ議員連盟総会では、名称変更と同時に、その趣旨についても、「スポーツを楽しみ、互いを尊重し、健康で活力ある社会を願う」に変更する案を紹介して、スポーツの意義を明確に打ち出そうとしています。

そもそも、スポーツと体育、一体何が違うというのでしょうか。

体育とスポーツをそれぞれ翻訳してみると?

ちょっと視点を変えてみましょう。

「体育」という言葉を英語に訳すと「physical education」となりますね。

では、今度は逆に、「sport」という言葉を日本語に訳すとどうなりますか?

「体育」ではないですよ。「体育」には既に、「physical education」という訳語がありますからね。

うーーーんと唸ってしまいますね。

でも簡単です。それは「スポーツ」です。

「sport」を日本語に訳すと「スポーツ」なのです。これは、翻訳アプリを使ってみてもそうなりました。

「そんな、インチキな!」などと言わないでください。要するにスポーツという言葉は外来語なのです。

なぜスポーツは外来語で、従ってそれに対応する固有の日本語がないのかというと、それは、スポーツという言葉で指し示されることがら(実体)が日本には存在しなかったということではないでしょうか。

存在しない実体を指し示す言葉なんか生まれるはずがありませんからね。

欧米には存在して日本には存在しなかったもの、それがスポーツなのです。

一方、それに近い言葉として日本に存在したのが「体育」という言葉です。

しかし、これを英語に訳すと「physical education」、そしてこれを改めて日本語に直訳すると「身体鍛錬(教育)」。日本の「体育」とは、知育、徳育などと同じ教育用語の一つなわけです。

教育の一環として使われ、富国強兵、教練など何やら明治時代の古臭い臭いがする言葉に属していそうな感じです。

これで、体育とスポーツの違いが段々明確になってきたのではないかと思います。

スポンサーリンク

体育とスポーツの歴史的文化的背景

スポーツ評論家の玉木正之氏は、

スポーツは、例えばフットボールの「オフサイドは反則」というルール一つ取ってみても、紀元前数千年のメソポタミア文明から古代のローマ、中世フランス、産業革命期のイギリスにまで至るフットボールの歴史を知ることが必要で、それは西洋史を学ぶことと同じだったといいます。

そして、「古代ギリシャと近代イギリスで誕生したスポーツは民主主義の成立と関係し、暴力(戦争)で勝った者が支配者となった古い社会が、選挙や議会の話し合いでリーダーを決める非暴力的な新しい民主制社会に変わることで、暴力的な格闘や闘いも非暴力的なスポーツに変化した、ということも教えられた。」

「つまりスポーツとは身体を鍛える体育の要素だけでなく、知育や徳育(スポーツマンシップ)の要素も含む人間の作り出した素晴らしい文化である。」

「それは学校での保健体育の授業では教わらなかったことだった。青少年の身体を鍛えるための体育教育も、もちろん大切だが、強制的な身体訓練(体育)だけでなく、自主的に参加し、プレーを楽しむと同時に「オフサイドはなぜ反則か?」「スポーツと民主主義の関係は?」といったさまざまな知識も身に着ける。

体育の日がスポーツの日に変わることで、そんな体育以上のスポーツの素晴らしさに、多くの人々が気づいてほしいものだ。」と結論付けています。

スポーツとは、体育はもちろん知育、徳育などの教育的な要素を含む、大きな概念であり、それはもう一つの文化ではないかと思うのです。

サッカーJリーグの発足を皮切りにVリーグ(バレーボール)、Bリーグ(バスケットボール)の設立など近年、いろいろな分野で「体育」から「スポーツ」への流れがでてきております。

2011年にはスポーツ基本法が制定され、2015年にはスポーツ庁が創設されるなど、スポーツは学校体育の枠を超えて広がっています。

日本体育協会は日本スポーツ協会、国民体育大会は国民スポーツ大会への変更も検討されているといいます。

「体育の日」は2020年東京五輪・パラリンピックを見据えて、再び衣替えすることになるのでしょうか。

まとめ

それでは今回のまとめです。

超党派のスポーツ議員連盟が国民の祝日の「体育の日」を「スポーツの日」に改める法改正の動きをみせています。

今なぜ、そんな改正が必要なのか、そもそも、体育とスポーツの言葉の違いとは何かを考えていくと、西洋との歴史的文化的な背景の意外な違いが浮かびあがってきました。

スポーツは、体育や知育、徳育をも含む一つの文化であり、それが持つ自主的でフェアーな精神を踏まえて、「体育の日」を「スポーツの日」に改める動きに賛同したいと思います。

スポンサーリンク

-スポーツ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

プロ野球ークライマックスの仕組みとは?DeNAー史上最大の下克上とは?

今年のプロ野球は、両リーグとも早々と優勝が決まり、どちらかというと2位3位争いに関心が集まりました。 そんな中、クライマックスシリーズでは、両リーグとも3位チームが頑張って、共にファイナルステージに進 …

パークゴルフをやってみて感じたこと~ゴルフとの違いとは?

先日、パークゴルフを体験してきました。 実は初めての経験ではないのですが、普通のゴルフと違い、必要な用具もクラブ1本と専用のボール1個あれば、プレイできるので、気軽に行えます。しかし、だからといって、 …

サッカーワールドカップ日本代表で活躍した柴崎岳が結婚へ!!そのお相手とは?

サッカーワールドカップ・ロシア大会で日本代表で活躍した柴崎岳さんがワールドカップ終了後、今週中にも結婚することがわかりました。 その注目のお相手とは? スポンサーリンク 関連記事 桐生祥秀選手が9秒9 …

大谷翔平がエンジェルスで投打二刀流を成功させる条件とは?

大谷翔平選手が5年間の日本ハムでの輝かしい実績を持って、メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスに移籍しました。 大谷選手の魅力は何と言っても、前人未到の投打二刀流のスタイル。 エンゼルス入団の理由は …

The electric bulletin board which indicates 98 per 9 seconds

桐生祥秀選手が9秒98を達成!日本人初「10秒の壁」を突破した理由とは?

桐生祥秀選手が9月9日の全日本インカレ陸上男子100m決勝で日本人初の「10秒の壁」を突破し、「9秒98」の日本新記録を達成しました。 桐生選手は、6月の日本選手権では4位になるなど、一歩出遅れていた …

プロフィール

プロフィール

管理人のキャサノンこと浅野清美です。
長年勤めた役所を退職した元地方公務員
現在は、現役の時にお世話になった役所の退職者を会員とする一般社団法人に勤務しています。
会員の皆さんはもちろんのこと、シニアの方々を始め、広くいろいろな読者の皆さんへ情報発信していきます。

error: Content is protected !!