危機管理 行政

タイのサッカーチームの少年のうち4人を洞窟から救出。その救出の方法とは?

投稿日:2018-07-09 更新日:

タイ北部のチェンライ県で洞窟に取り残された地元サッカーチームの少年12人とコーチの合計13人のうち、最初の4人が無事救助されました。

激しい豪雨で水かさが増して水没した洞窟からの救出は難航すると予想されていましたが、意外に早く、まず最初の4人が救助されたのです。

どんな方法で救出されたのか、気になります。

そこで、その救出方法について報告します。

スポンサーリンク

事件の発端

そもそもの発端は、6月23日午後、いつものサッカーの練習の終了後、チームのメンバーの一人が誕生日だったので、洞窟で「ハッピーバースデイ」を歌うため、近くのタムルアンという洞窟に入ったそうです。

しかし、タイでは既に雨期に入っており、そのときも、激しい豪雨に見舞われ、洞窟には大量の雨水が流入して来たため、少年たちは洞窟の奥に避難せざるを得なくなったわけです。

雨水の流入は更に激しさを増し、そのため、戻ることができなくなり、じっと救助を待つしかなくなったのです。

そして、行方不明になってから9日後の7月2日にイギリスのダイバーチームにより発見され、13人全員の無事が確認されたのです。

救出の困難性

13人全員の生存が確認され、ほっと安心したのも束の間、少年たち13人をどんな方法で救出するのか、困難な問題が待ち受けていました。

この洞窟は10km以上もある迷路のような複雑な地形。おまけに視界がほぼゼロの泥水で充たされた水中を通らなければ戻れないという、イギリスのダイバーチームがたどり着くのも困難なところを、どうやって戻ればいいのでしょうか。

いろいろな方法が検討されました。

正攻法は、少年たちに潜水の基本を教えて、専門のダイバーとともに泥水の中を潜水して 脱出する方法。

しかし、この方法でも脱出するのに数時間は水中を泳がなければならないのです。

7月6日にタイ海軍特殊部隊のダイバーが救援物資を運搬した後の帰路で、酸素不足で死亡したことから、潜水して脱出する方法はリスクが高いとの意見もありました。

あとは、洞窟の中に流入した雨水を排水して水位を下げる方法。

食料などを4か月分用意して、10月の雨期が終わり水位が下がるのを待って徒歩で脱出する方法。

更には、山の中腹から洞窟目掛けてドリルで穴をあけてたどり着く方法、

などいろいろな 救出方法が検討されているようですが、どれも現実的な方法とは思われません。

また、酸素不足対策のため、現在少年たちのいる洞窟に空気を入れるために5キロにわたる管の設置が進められているそうです。

スポンサーリンク

救出の方法とは?

7月8日夜、少年4人の救出に成功しました。

やはり、正攻法の救出方法が実行されたようです。

今回の少年4人の救出には、外国の潜水士13人、タイ海軍の潜水士5人の18人が参加して、
少年1人につき、2人の潜水士で介助する方法で行われました。

救出された少年には、フルフェイスの酸素マスクを被ってもらい、暗くて狭い洞窟の通路を
2人の潜水士に介助されながら泳いで抜け出したのだと考えられます。

まとめ

それでは、今回のまとめです。

タイ北部のチェンライ県で洞窟に取り残された地元サッカーチームの少年12人とコーチの 合計13人のうち、最初の4人が無事救出されました。

洞窟に流入した泥水の水位が上がり、水没したところを抜けるためには数時間にわたる潜水を避けることができないため、潜水の経験がない少年たちには無理ではないかという意見もありました。

でも、やはり正攻法の潜水脱出を試みたのは、他に現実的な方法が見つからず、酸素不足の恐れもあり時間との戦いもあって決断したのだと思います。

残り9人の救出は、酸素ボンベの準備ができ次第開始されるそうです。

残りの9人少年たちも無事救出されることをお祈りいたします。

(7月11日追記)
7月9日に、更に4人が救出され、昨日(10日)残り5人が救出されたことにより、13人全員の救出が完了しました。

スポンサーリンク

-危機管理, 行政
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

北海道胆振東部地震で道内の全世帯が停電・ブラックアウトになった原因とは?

9月6日未明に発生した最大震度7の胆振東部地震により道内のほぼ全地域が停電する「ブラックアウト」が発生しました。日本では始めての経験でした。 なぜこんなことが起こったのか。 この度のブラックアウトは、 …

一票の格差とは?その是正方法とともに、今国会に提案されている参議員定数6増案の問題について報告します。

7月11日の参議院本会議で自民党提出の公職選挙法改正案が可決され、衆議院に送付されました。 その内容は、参議院議員選挙における「一票の格差」を是正するために議員定数を6議席増やす?というもの。 昨今の …

北朝鮮のミサイル発射を情報伝達したJアラートとは?

北朝鮮のミサイル発射を受けて、「Jアラート」というシステムが発動されました。しかし、私たち一般国民には馴染みが浅く、一体どんなシステムなのか? 北朝鮮が、これからもミサイルを発射することは十分考えられ …

台風による暴風警報が発令されるなど、もしものときの災害の備えを専門家に聞いた。

日本は台風による風水災害が多発する国です。 私達はいつ予想しない災害にに遭遇するか分りません。 もしものときのために、事前の備えをして置くことが大切です。 そこで、台風などによる災害に備えるために、ど …

北海道胆振東部地震直後に襲われた停電と断水に対処した方法とは?

2018年(平成30年)9月6日未明に発生した大規模な地震は、震源地が胆振東部の内陸地のため、津波の心配はありませんでした。 しかし、直後に発生した道内の全世帯を巻き込む大規模な停電に加え、数時間後に …

プロフィール

プロフィール

管理人のキャサノンこと浅野清美と申します。
長年勤めた役所を退職した元地方公務員。
現在は、現役の時にお世話になった役所の退職者を会員とする一般社団法人に勤務しています。
会員の皆さんはもちろんのこと、シニアの方々を始め、広くいろいろな読者の皆さんへ情報発信していきます。
よろしくお願いします。

error: Content is protected !!