みらくるみらいをかけるエクスプレス

スポーツ・エンタメ情報、生活に役立つ情報が満載

商品

【スマートショッピング】ノートやメモ帳が工夫され改良されて使いやすくなった!

投稿日:2020-01-01 更新日:

スマートショッピングのシリーズです。

今回は、ノートやメモ帳などの紙の文房具のご紹介です。

紙の文房具、ノートやメモ帳といっても様々ですが、普段使っていて、使いにくいとか不便に感じているものがあると思います。

それらを改良し、工夫して使いやすくする、また、何かにこだわって高品質の素敵な紙の文房具に作り上げたケースをご紹介していきます。

これらを是非活用してみてください。

スポンサーリンク

手に優しいノートの工夫

最初は、ノートのご紹介です。

ショウワノートの「水平開きノート」

水平開きノート(ショウワ ノート)B5、5㍉方眼罫(けい) 表紙は青、紫、緑、黄、赤の5色。2017年発売

ノートを見開くと、紙をとじた中央に段差が生じ、手が当たるとストレスを感じます。

更にページに膨らみができれば書きにくくなります。

そんな欠点を解消した見開きのノートが登場しました。

それが「水平開きノート」です。

ショウワノートが、「水平に180度開けるノート」を手がけた中村印刷所と子ども向けの学習帳として共同開発しました。

V字形に折られた紙を特殊なのりで綴じているため、段差ができず、水平に開くことができます。

横に長い教室の黒板に書いた内容を、見開きのページを使ってそのまま写すこともできます。

片面ではB5サイズですが、見開けばB4サイズになります。

両面いっぱいに図表を描くこともでき、大人も使い勝手がいいノートです。

 

コクヨの「ソフトリングノート」

ソフトリングノート(コクヨ) 整然とした字を書きやすい「ドット入り罫線」は、セミB5(表紙5色)、A5円(表紙6色) の2種類

ノートを見開きで使えない狭い場所で片方のページだけを使いたい時にページをピタリと裏返すことができるリングノートが便利です。

ただ、リングが金属製ですと手が当たった時に書きにくく、時に痛みを感じることもあるでしょう。

また、カバンに突っ込んでリングが変形すると開きにくくなります。

コクヨの「ソフトリングノート」のリングは、独自開発の柔らかい樹脂製です。

リングに手が当たっても気にならず、ページの端まで書くことができます。

持ち運びの際にバッグの中で変形する心配もありません。

リングの形は円形ではなくD字型をしているため、かさばりません。

 

リヒトラブの「ツイストノート」

ツイストノート(リヒトラブ) メモ、A6、B6、A5、セミB5の5サイズ

リヒトラブの「ツイストノート」は書き損じのページができても、リーフ(用紙)を上下に引っ張ればリングが簡単に開き、新しいノートリーフと入れ替えることができます。

このノート1冊を学校に持っていけば、教科ごとのノートを用意する必要がありません。

帰宅してからリングを外し、教科ごとに振り分ければいいのです。

 

こだわりのメモ帳が続々出現!

次はメモ帳です。

いろいろこだわった個性的なメモ帳をご紹介します。

デザインフィルの「パッとメモ」

パッとメモ(デザインフル) サイズは76㍉×128㍉。表紙は黒と白の2色。2019年1月発売

 

物事を忘れないうちに書き留めておきたい時に重宝するのがメモ帳です。

ポケットに収まる大きさは当たり前ですが、こだわりの新商品が次々に開発されています。

お勧めなのがデザインフィルの「パッとメモ」

ひっくり返すと手品のように書きかけのページや未使用のページがサッと開きます。

仕掛けのタネはメモの左側側面に施されたのり付けにあります。

書き終えてめくるとはがれ、次のまっさらなページが留まる仕掛けになっています。

従来のメモ帳は、未使用のページにたどり着くまで、すでに書き終えたページをペラペラとめくるのが実に面倒でした。

今書きたいページがすぐに現れるので驚き!目からウロコのメモ帳なんです。

スポンサーリンク

ペーパリーの「メモテリア ライティング」

メモテリア ライティング(ペーパリー) 100枚。サイズは91㍉×128㍉

「書き味」と言えば、ペンのそれを思い浮かべがちですが、最近は紙質の善し悪しに敏感な人が増えています。

「カミテリア」のブランド名をもつペーパリーの「メモテリア ライティング」は鉛筆用、ボールペン用、万年筆用の紙が綴じられています。

色も質感も微妙に異なる5種類の紙が20枚ずつ綴じられて、インクの吸い込みや発色も違います。

それぞれの筆記具に応じた1冊のメモ帳に書き心地の良い紙ばかりを5種類そろえています。

そのため、どの紙が一番自分に合っているかが、料理を味見しているような感覚で分かります。

サラサラ、ザラザラ、デコボコ、スケスケの4タイプなどのシリーズもあり、紙の文化を育んできた日本ならではの商品です。

ハイモジモジ社のタグドライフギア

タグドライフギア(ハイモジモジ) 方眼5㍉、100枚。S(67㍉×112㍉)、L(79㍉×131㍉)

洗濯機にかけてもへっちゃらなタグにちなんで名付けられた「タグド」シリーズは、ハイモジモジ社が開発したメモ帳です。

紙の手触りにこだわりがあります。

これまでのポリプロピレン製の耐水紙はツルツルとした感じでしたが、タグドは程よいざらつきがある耐水紙で水を吸っても崩れません。

登山でリュックサックにぶら下げ、雨に濡れても大丈夫です。

浴室につるし、入浴中に思い出したことや気がついたことを鉛筆でメモすることもできます。

年代が変われば手帳も変わる

ノートや手帳などは、同じ人でもその年代によって使う必要性とその程度が変化します。

使う人の必要性や程度にマッチしたノートや手帳というものが求められるべきと考えます。

コクヨの「測量野帳」シリーズ

測量野帳(コクヨ) 40枚、外寸は縦165㍉、横95㍉、厚さ6㍉。外寸が縦166㍉、横96㍉の24枚の耐水タイプ

理想の手帳を求めて悩む人は少なくありません。

しかし、理想の手帳というものがあるわけではなく、例えば定年退職後に手帳を持て余す人がいます。

時間を管理する必要がなくなれば、手帳も変わって当然で、そんな人には思い切って薄くシンプルな手帳とあわせて手帳サイズのノートをお薦めします。

発売から今年で60年のコクヨの「測量野帳」シリーズは、測量業務の現場の声を反映して片手で持ちやすく、作業服のポケットに収まるサイズで、硬い表紙は耐久性があります。

また、シリーズの中の「スケッチブック」は縦でも横でも自由に使える方眼罫の仕様になっており、フィールドワークで愛用する研究者も多くいます。

日程や重要事項を記入するほか、折りたたんだ地図や領収書なども貼り、これ1冊で一つの旅行記録になり、出張旅行の記録アイテムとして必携品です。

 

マークスの読書ノート

読書ノート(マークス) 表紙はクロス貼りのハードカバー。縦192㍉、横132㍉

コンパクトサイズの手帳は、出来事やアイデアといった1日のすべてを書くスペースがありません。

そこでお薦めなのが、マークスの読書ノートです。

見開きの2ページ分に1冊の本のジャンルや書名、著者名、読了した日付、感想、引用などを記入するつくりになっています。

本の1文を書き写す行為は物事を覚える早道になります。

読書の感想に限らず、映画や展覧会の観賞、1日の出来事の記録に使ってもよく、装丁はハードカバーになっています。

 

デザインフィルの「ハビットトラッカー」

ハビットトラッカー(デザインフィル) 表紙は金と銀の箔押しの紙製、ピンクと青緑の2色。縦151㍉、横93㍉。本文64ページ、付録16ページ。2018年発売

日々の記録を最も楽につけることができる手帳が、デザインフィルの「ハビットトラッカー」です。

「ジョギングをする」「こまめに電気を消す」「声を出して笑う」など習慣づけたいテーマを1ページの冒頭に書き、日付を塗りつぶしていく方式です。

公園で毎朝続けるラジオ体操のスタンプ帳のようなもので、達成感もあります。

1ヶ月を振り返る感想の記入欄もあり、テーマがなかなか思い浮かばない人のために参考リストも添えられています。

 

まとめ

それでは今回のまとめです。

スマートショッピングシリーズとして、今回は、紙の文房具をテーマにノートやメモ帳をご紹介してきました。

どれも使いにくいなどの欠点を克服するために様々な工夫や改良を加え、素敵な文房具に変身しています。

また、書き味にこだわった紙質を追求したり、メモ帳のめくりにこだわったり、特定の何かにこだわった結果、高品質の文房具が現れました。

これらを使う事で物書きの作業が楽しくなること、間違いありません!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

-商品

執筆者:


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィール

プロフィール

管理人のキャサノンと申します。
長年勤めた役所を退職した元地方公務員。
現在は、現役の時にお世話になった役所の退職者を会員とする一般社団法人に勤務しています。
会員の皆さんはもちろんのこと、シニアの方々を始め、広くいろいろな読者の皆さんへ情報発信していきます。
よろしくお願いします。

error: Content is protected !!